AI不況がやってくる

 「真のAIは存在しない。現在AIと言われているのものは、単なる計算機。がしかし、すでにMARCHレベルの大学には合格でき、近い将来人間の50%の仕事は消滅する」とのこと。VUILDの秋吉さんが企画したシンポジウムにおいて、孫泰蔵さんも話をしてましたが、「小中学校ではAIやロボットができることしか教えないから通う必要はない」と。そして、「10年以内には、産業革命により、経済価値のない人々が巷に溢れる」とも。以前から会社説明会でも話をしているタクシーが無料になるという話も、私が考えていたよりもはるかに早く実現するようです。我々は、AIやロボットをマネジメントする力を身につけないとなりません。まずはマニュアル作成能力を身につけ、平行してマニュアル以上のことが出来る能力開発が必要です。

AI不況.jpg

  • 投稿日: