新築も100年経てば歴史的建造物になる?

 江戸市民100万人のうち毎年20万人が大山阿夫利神社への大山詣でのために大山街道を通りました。特に、二子新地から溝の口は様々な商いで繁栄し、人間国宝の濱田 庄司 や岡本太郎もこの街道の出身です。それと、街道沿いの駐車場について。自動運転の車が走るようになると、ほぼ無料でタクシーに乗れる時代が来ます。そんなときに駐車場は必要ないはず。しかも、車のあるなしで、街の風景が変わるのも避けたいです。それに、良い景色が広がっているなら、北西向きでも開口を取るべきかと。最後に、断熱について。30年前、RC造の建物は無断熱でした。現在、無断熱なんてあり得ません。そして、50年後にも活躍できる建築の温熱環境はどのようなレベルかはある程度想像できますよね。

49012501_2336799799727374_3199322113747976192_n.jpg48930711_2336799776394043_9053227534488961024_n.jpg48918908_2336799813060706_7428199526738952192_n.jpg

  • 投稿日: