「最期のありがとう」(株式会社ティア 冨安徳久著)

 ダイヤモンド経営者倶楽部でご一緒させていただいている冨安社長の本を読ませていただきました。日本で一番「ありがとう」を言われる葬儀社を目指し、一部上場まで果たした冨安社長の人生が描かれています。感動の涙を流しながらの読書は、正直ちょっと疲れてしまいました。人は気持ちがあれば、何でもできると勇気づけてくれます。「夢は見るもんじゃない!叶えるものだ!」と。この本はテレビドラマ化するべきだと思います。関係者の方、早い者勝ちですよ。

ティア.jpg

  • 投稿日: