自然素材で和を感じる空間

内装工事
不動産仲介
断熱工事
PORTER’S PAINTS
所在地

東京都三鷹市

築  年

1999年

規  模

2LDK

構  造

RC

プロデュース

NENGO

設  計

飯田 朋紀

施  工

NENGO

PORTER'S PAINTS

STONE PAINT FINE

【杉並区 M邸】

~物件探しからリノベーションまでをお手伝いした事例です~

ご夫婦のお施主様から、リノベーション計画当初に出た言葉は「床にゴロゴロと寝転がりたい」というものでした。

くつろぐという言葉は少しファジーですが、それを自分たちなりに噛み砕くと、

「何も考えずに身も心も解放されること」=「床でゴロゴロ」という表現になりました。

そんなご要望を受け私たちは、家族内で最も長い時間を過ごすリビング空間で、大胆にゴロゴロできる状況を提案しました。

それが、リビング=畳という考え方です。

国産杉という、足触りが柔らかい針葉樹と、旅館で使用されるような琉球畳で、ついつい床に座りたくなる空間に仕立てます。

杉はその足触りの良さや柔らかさから、体への負担も少なく、

ゴロリと転がったときの 畳からフローリングへの気持ちの良い質感の変化が、癖になっているようです。

壁面には、ご友人とともに、お施主様ご自身の手でポーターズペイントを塗りました。
大理石の粉末が入った塗料を専用の刷毛で塗装することにより、

壁面に当たった光が、美しいマットな陰翳を生み出し、空間をより豊かにしてくれています。
フローリングは柿渋色に染色、建具はラワン材を使い、どこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。

スペックから考える空間だと、なかなか思い切った発想にはならないかと思いますが、
自分たちがどう言ったことにくつろぎを覚えるのか?

また、それは暮らしの中でどう言ったタイミングなのか?

そんな会話の中で 本質的に自分たちらしい暮らしが形になっていくと思います。

これが中古×リノベーションだから叶えられる、本当の意味での「家つくり」です。