駿台甲府の同期が脱サラし、府中でラーメン屋をオープンしたのでお邪魔してきました。オープン前から不動産屋として、多少アドバイスさせてもらっていたのですが、ラーメン屋は簡単ではないと否定ばかりしていました。その心配は完全に無用だったようです。食のプロが集まる大東京綜合卸売センター内にオープンするほどの自信がある腕を私が理解していなかったようです。人にアドバイスするのは簡単ではないですね。子供2人と行ったので、3種類のラーメンをいただくことができました。どれも本当に美味しかった。行列が絶えることがなかったのでゆっくり話は出来ませんでしたが、ラーメンが多くを語ってくれました。しかも、ラーメンに勇気を貰う経験は初めてです。

IMG-5933.jpg

IMG-5937.jpg

IMG-5945.jpg

IMG-5942.jpg

IMG-5946.jpg

  • 投稿日:

 働き方改革は基本的には賛成です。「働き過ぎ」を防ぎながら、「ワーク・ライフ・バランス」と「多様で柔軟な働き方」を実現なんて、否定する必要はありません。ただ、格差社会を助長する仕掛けであることは認識しておきましょう。働く時間を限定し、自由な時間が増えることにより、その自由時間の使い方を個人任せにすることになります。当然、有効な時間の使い方をする人とそうでない人の格差が生まれるということです。政府はこれからやってくる厳しい社会の責任を取らなくても済むようにも政策を考えています。世の中に流されるのは楽ですが、結果は自己責任です。気をつけましょう。

  • 投稿日:

 家つくりをする上でお風呂のあり方を気にされない方が多いようです。寝室を優先し、窓無しの狭いお風呂でもそれほど気にされません。旅行の際は、温泉でしかも露天風呂が良いと主張するにもかかわらず。なぜなのでしょうか。そもそも自宅のお風呂に期待していないのでしょうか。動物である人間は、自然な姿で自然と一体化できることに喜びを感じます。自宅のお風呂の質が上がると旅行にも行く回数も減るはず。そして、そんなお風呂に入る人が増えると、地球環境を保護しようとする機運も盛り上がるのではないでしょうか。(参考にアルカナイズの図面を添付します)

river_view_suite.png

  • 投稿日:

 武漢から帰国した日本人を勝浦にあるホテル三日月が受け入れています。(実はNENGOで断熱工事と耐火被覆工事を行っています)この決断はなかなか出来ないですよね。スタッフの皆さんも大変だと思いますが、ついて行きたくなる社長なのでしょうね。

 そこで思ったのですが、ダイヤモンドプリンセス号に乗船している人達を近隣のホテルで受け入れてあげることは出来ないのでしょうか。特に窓のないお部屋のお客様や従業員を。部屋内だけに数十日いても気分良くいられるホテルが良いのですが・・・。

  • 投稿日:

 まず学生と社会人の差を伝えます。学生は、お金を学校に払って、インプットしていれば良い存在でした。社会人は、お金をいただいて、世の中にアウトプットしなくてはならない存在です。真逆と言っても過言ではありません。真の社会人になるのは簡単ではありません。それと、プライベートとビジネスを分けて生きたいという人がいますが、時間を分けるのは良いのですが、頭は完全に切り替えない方が良いですよ。とんでもない天才は別として、プライベートでリラックスした時に、仕事脳でいると面白い発想が生まれます。例えば、建築の仕事をしている人は、プライベートで旅に出ているときや、自宅で寛いでいるときに色々な考えが生まれるはずです。それを否定するということは、歯車宣言しているようなものなのです。意味わかりますよね。

 私の話を直に聞いてみたいという学生さんは是非会社説明会にいらしてくださいね。もちろん、社会人の方でも構いません。お会いできること楽しみにしてます。

  • 投稿日:

 誤解を恐れずに言うと、組織においてビジネスマンの仕事は上司を説得納得させることです。(勿論、その先にお客様がいます)提案をしたり、決済の回覧をする際に、上司から了解をとりつける必要があります。そのためには、上司の視座になる必要がありますが、そのような業務を通じてビジネスマンは成長します。そして、上司チェックの必要がなくなった時、そのポジションを卒業することになります。


 逆に、毎回上司から同じような指摘をされ続ける人は、成長できていないということです。長く続くと居酒屋で上司を愚痴るグループに入る危険性が高まります。もしも、居酒屋愚痴人材になってしまうと、自身の周りに起きていることを他人のせいにし、自身に矢印を向けなくなり、成長がストップします。成長していない自分にも気がつかないはず。しかも、今後の日本社会では居場所はありません。経団連が発表しましたが、日本企業が世界と戦える強い組織になるために、年功序列な給与規定を廃止し、解雇しやすい環境を整えていこうとしています。そんな厳しい世の中で、皆さんはどう生き抜きますか。自分は「発展途上だ!」と元気に言い続けられるようにしましょうね。

  • 投稿日:

 今回は、内定が取れない人に特にお伝えしたいです。面接後に企業からお断りの連絡をもらった際、理由を聞きましょうということです。理由がわからずにいると反省もできませんよね。落ち込む必要のない理由で、採用されない場合もあります。優秀な学生なのだけど、今のタイミングで採用できるポジションはない企業もあるのです。そんな理由を聞いて良いのか心配になる人もいるようですが、本気だったら聞くはずです。好きな異性にアタックして断られたら、理由を聞きたいですよね。私も今の妻には3回振られましたが、当然理由をしつこく聞いていました。そして、納得できずに粘った次第です。皆さん、頑張りましょう。

  • 投稿日:

・ダイヤモンドプリンセスに乗船していたら

・ダイヤモンドプリンセスを運営する会社の社長だったら

・中国共産党のトップだったら

みんな頑張って。

  • 投稿日:

 郵便屋さんが写真のような封筒を配達してくれた際、「国家機密に触れてしまった」と焦っていたようです。断熱工事や耐火被覆工事、温熱環境のコンサルティングをしている部署が地球防衛隊です。

 さて、3年前のアスクル倉庫の火事では半数以上の防火シャッターが作動しなかったそうです。他の建築の防火シャッターは大丈夫なのでしょうか。高層マンションの火災対策は完璧だと言われていますが、信用できるのでしょうか。とりあえず我々は耐火被覆工事をしっかり行うことで、火事から建物を守り、街を火事から守りたいと思います。地球防衛隊.jpg

  • 投稿日:

 NENGOには、企業理念やミッションがあります。また、みんなが幸せになるために、スタンダード(マニュアル)やルールもあります。利益のために働いている訳ではないですが、間接部門以外のスタッフは、給与の最低3倍の粗利益を獲得する必要があるということもルールの一つと言えます。そのようなことを完全に腹に落とすことができると、スタッフみんなで同じ景色を見ることができると考えています。私の大事な仕事の一つです。

  • 投稿日: