昨日のブログはちょっと興奮状態で美味しいタイビールを飲みながらのブログでしたので、肝心なことを書き忘れていました。山口周さんが、今後の世の中をどうとらえているのかを紹介しておきますね。6つのメガトレンドとして紹介しています。①飽和するモノと枯渇する意味(モノが過剰で、意味が希少な時代)②問題の希少化と正解のコモディティ化(問題の解決から、問題の発見へシフト)③クソ仕事の蔓延(実質的な価値や意味を生み出すことのないクソ仕事)④社会のVUCA化(V=volatile不安定、U=uncertain不確実、C=complex複雑、A=ambiguous曖昧)(経験の無価値化、予測の無価値化、最適化の無価値化)⑤スケールメリットの消失(限界費用のゼロ化、メディア流通の変化)⑥寿命の伸長と事業の短命化

 我々NENGOは独自の視点で問題を発見し、建設不動産業界、そして日本の社会に問題を提起していますが、やってきたことが間違っていなかったと山口さんに言ってもらえたような気がしました。そして、今後の方向性にも自信となりました。この出会いに感謝です。本にサインもいただいたので、大事にしたいと思います。

yamaguchishuu.jpg

  • 投稿日:

 ダイヤモンド経営者倶楽部のおかげで山口周さんの講演を拝聴する機会に恵まれました。「ニュータイプは問題を発見できる人」「正解を出す力にもはや価値はない」「未来は予測せずに構想する」「正しいことよりも、共感できることが大事」「複数の組織と横断的に関わる」などなど。また、こんなこともおっしゃっていました。「質の高いアイデアは、大量のアイデアからしか生まれない」その大量のアイデアを出すためには、時間をかけることが大事で、会社だけでなく、いついかなる時も考え続ける必要があり、それを夢中になって、自然と行いたくなる状態にする必要があるとのこと。それと、衝撃的な出来事を1つ。私は講演前に山口さんと名刺交換が出来たので、講演前にFBの友達申請をしました。すると、講演中に承認されたのです。別のスタッフに任せているのかと講演後にお聞きしたら、講演中に対応したとのこと。まさしく、ニュータイプ、アムロ・レイも真っ青です。

unnamed.jpg

  • 投稿日:

 Nアセットさんに仲介いただき14年。本社兼アトリエ兼倉庫として利用してきた建物が解体されることになり、移転することとなりました。他の建物よりも、多少揺れますし、小動物が走り回ったりもしますが、長年利用させてもらった建物から離れるのは悲しいです。この土地に根付き出し、やっと馴染みはじめていたのですが。本日、第一陣のポーターズペイントのアトリエが世田谷区玉堤に移転します。「グッバーイ!」とスタッフとハイタッチしたら、半沢直樹の大和田取締役(香川照之)を思い出してしまいました。

引っ越しスタート.jpg

  • 投稿日:

 入居者を決めてから、賃貸物件の建築をスタートできる仕組みがあります。本日より新プロジェクト(二子玉川)の入居者説明会を毎週開催しますが、土地活用を考えている不動産オーナー様にもご参加いただけます。もちろん、不動産屋さんも大歓迎です。(詳細はこちら

  • 投稿日:

 NENGOが不動産活用の企画をする際、必ず契約を結んでから動き出します。理由は大きく2つ。①フィーをいただかないで動き出すと、自分たちが契約してもらうための企画提案になりがち。②もしも契約にいたらずに無駄な時間を費やしてしまったら、その分の費用を、仕事を発注いただいている方に実質的に請求していることになるので。仕事の質を下げ、費用対効果の低い業務になってしまう可能性が高いということです。もちろん、オーナーの幸せが第一なので、オーナーさんがご納得いただける企画ができると確信した際にしか、契約を結ぼうとはしませんのでご安心ください。

  • 投稿日:

 メディアやSNSに踊らされ、リモートワークをしてみたものの、うまく行かずに今後業績ダウンさせる企業は続出するはずです。NENGOも緊急事態宣言中に8割のメンバーは、即リモートワークにしましたが、今までのようには成果を出せなくなった部署もあり、カイゼンしている最中です。企業は、状況に合わせて変化する必要がありますが、こんな小さな組織でも「変わる」というのは簡単ではないことを再認識しました。リモートワークが成果に繋がらないことが早く判明したので良かったですが、企業によっては把握が遅くなるはずです。今から1年後に成果が出ないと気がついても、1年分成果がでない働き方をしてきたツケは大きいでしょう。「時すでに遅し」とならないように注意しなてくはなりません。もしもダウントレンド時にリモートワークで組織として成果を出せる方法を身につけている人がいたら教えてくださいね。

  • 投稿日:

 ディレクションと施工をお任せいただきました宮崎台のお宅がPENに掲載いただきました。皆さん、ありがとうございます。

0.png本文.png

  • 投稿日:

 大山街道沿いにあるイタリアンのニコルーチェさんと大山街道沿いに100年以上酒屋を経営されている坂戸屋さんのコラボディナーが開催されました。もともとニコルーチェさんは大山街道の歴史を踏まえ、お箸でいただけたり、日本酒とあうメニューを開発されていました。今回はその集大成とも言えるディナーだったのではないでしょうか。新しい料理のジャンルが生まれたと感じました。そして、イタリア料理や日本酒だけでなく、まだまだ世の中には可能性があることが眠っていることを教えてもらいました。素晴らしいディナーをありがとうございました。

120219598_4443841832356483_8952661185230735470_o.jpg

120262587_4443839642356702_402208422956594209_n.jpg

120262556_4443839665690033_6618523365824001471_n.jpg

120244595_4443839829023350_6535823712422171449_n.jpg

120200127_4443839849023348_6767335818100561879_n.jpg

120221725_4443839925690007_2975374619065243750_n.jpg

120332178_4443839945690005_4282849353119306105_n.jpg

120135795_4443841869023146_5268249735994605397_n.jpg

  • 投稿日:

 川崎でマイクロツーリズムを体験してきました。川崎大師や金山神社に参拝したり、川崎産の香辛子をいただいたり。そして、オープンしたばかりの「カワスイ」にもお邪魔してきました。工夫が凝らされていて、とても見ごたえがありました。ビルのリノベーションでもこれだけのことができるのだと感心です。プロジェクトマネジメントをした担当者は相当な能力のはず。ただ、私としては、アフリカやアマゾンから魚や動物を連れてくるのは避けてもらいたかったです。人間のわがままで地元から離され、可哀そうですよね。娘には、「日本の魚と仲良くなってもらえればいいんじゃない」と慰められてしまいました。そして、宿泊は、「Japanese-style inn スワロー」です。元々簡易宿泊所が集まった街にある川崎らしいゲストハウス。家族全員が畳部屋でごろ寝ができて、枕投げもできちゃいます。狭い部屋だからこそ、家族が仲良くなれた気もします。掃除も行き届き、とても清潔感がありました。管理人さんは不愛想な雰囲気ですが、実は優しく、ユニークな方です。GOTOトラベルを利用し、5人家族で6500円という価格はお財布にも優しいですよね。

IMG-8659.jpgIMG-8661.jpgIMG-8663.jpgIMG-8685.jpgIMG-8698.jpgIMG-8696.jpgIMG-8712.jpgunnamed.jpg

  • 投稿日:

 30年前は携帯やパソコンが無くとも仕事が出来たのに、余計なものを作ってくれたので、余計な仕事が増えている気がします。メールも無駄なメールが多いですし、資料作成も完璧過ぎるほどのものを要求されるようになりました。ITを使いこなすというよりも、実は振り回されているような気がしています。実はこのあたりにビジネスのヒントもあるのではないでしょうか。

  • 投稿日: