「批判ではなく、アドバイスをしよう!」

 最近コロナウイルスの件で、政府を批判しているコメントをSNSで多く見かけます。その批判のほとんどが自分のための批判、つまり、ストレス発散のために行われていると感じます。批判する際は、相手の立場になり、相手の視野視座で状況を把握し、発言発信する必要があります。つまり、政府を批判する人は政府の立場になって、政府が持っている情報を把握した上で批判しましょう。情報がないから判断できないという人は情報を得る努力をしましょう。(もしくは、批判をやめましょう)適切なアウトプットをしていれば、情報を得ることができるはずです。狭い視野で相手を批判することは、単なる愚痴であり、「私は無能です!」と宣言しているようなものです。相手の立場になって意見を発すると、批判ではなく、アドバイスになります。そして、自身の成長にも繋がるはず。

  • 投稿日: